イルビゾンテ、まずはストラップから

イルビゾンテの創業者、革職人であるワニー・ディ・フィリッポは、こう言ったそうです。「雨が降れば共に濡れ、晴れれば共に日焼けする。イルビゾンテのバックはあなたの一部になるのです」と。洒落たこと、いいますね〜。


使うほどに色や手触りに変化をもたらし、自分だけの革へと変化していくイルビゾンテ。ちなみにイルビゾンテのロゴは水牛なんです。イタリア語では水牛のことをビゾンテというんですよね。


創業者のワニー・ディ・フィリッポが水牛の力強く誇り高いイメージに強く惹かれ、自身のブランド、イルビゾンテのロゴに使用したんだとか。水牛に目をつけるあたりも洒落てます、ほんと。


世界中のオシャレな人たちからこよなく愛されるイルビゾンテ。しかしやはり高価なものであることは確か。イルビゾンテには値段以上の価値があるとはわかっていても、先立つものがなければねぇ…


続きを読む

イルビゾンテの気になるアイテム、手帳

イルビゾンテを好きな人って、あのイルビゾンテ独特の味のある革、使うほどにオリジナルに変化していく革の魅力にハマっている人がほとんどですね。確かに、イルビゾンテを一度手にして、あの革の魅力を知ってしまうと、イルビゾンテを間違いなく好きになっちゃいます。


イルビゾンテの創業者であり革職人であるワニー・ディ・フィリッポ。彼自身、自分がこだわって作り上げた革製品が、こんなにも世界で広く愛されるなんて想像もしなかったことでしょうね。イルビゾンテのショップ、日本にも数多く展開していますね。


イルビゾンテのアイテム、バッグやベルトや財布などの定番以外にもたくさんあるのですが、そんな中で気になるのが、イルビゾンテの手帳。色も豊富にあって、「革」という言葉から連想される茶色や黒、ベージュ以外にも、オレンジや緑、赤まで。

明るめの色だと可愛さもあって、女性が持ち歩くのにもいいですよね。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。